ユニバーサルがマドンナの伝記映画を製作

スポンサーリンク

マドンナの伝記映画の製作配給を、ユニバーサル・ピクチャーズが獲得した。監督はマドンナ自身。マドンナが監督を務めるのは2011年の『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』以来。脚本はマドンナとディアブロ・コディ(『JUNO/ジュノ』)が共同執筆する。プロデューサーは、マドンナと、元ソニー・ピクチャーズのトップであるエイミー・パスカルで、女性チームだ。パスカルとマドンナは、「プリティ・リーグ」の頃からのつきあい。マドンナがスター街道を突っ走っている初期の頃を舞台にするもので、キャスティングはこれから決まる。マドンナのお眼鏡にかなう若手女優は誰なのかが注目される。文=猿渡由紀
Source: ぴあ映画生活ニュース

スポンサーリンク