ちば映画祭上映イベントがアテネ・フランセ文化センターに

スポンサーリンク

千葉県初上映の若手映画監督の作品上映をメインに、今年の3月に第10回映画祭を終了したちば映画祭。2020年1月18日(土)、初めて千葉県を飛び越え、新たに東京都千代田区のアテネフランセ・文化センターで、上映イベント「新年一発!ちば映画祭 2020 in アテネ・フランセ文化センター ~監督特集・特集~」を開催することが分かった。ちば映画祭は第4回映画祭から、映画祭ごとに監督特集を行っているが、千葉県外初となるこの上映会では、現在まで映画祭で特集をしてきた監督から、4名の監督をビックアッブし、アテネフランセ・文化センターで作品を上映をする。上映されるのは、村松正浩監督『シンク』、杉田協士監督『ひとつの歌』、大河原恵監督『襟売ってよ』、田崎恵美監督『海にしずめる』。この度の上映にあわせ、それぞれの監督からコメントが寄せられている。■村松正浩「ちば映画祭の企画が東京都千代田区で行われるとのことで、少し混乱したのですが、お声がけ頂いた映画が 僕の初めての長編『シンク』で、二重に混乱し、緊張しています。おそらく僕の監督作のなかで、最も多くの人に観られた映画ではないかと思うものの、いささか月日が経っています。願わくば、現在でも響くなにかがビデオテーブに残されていますように」 ■大河原恵「ちば映画祭、まさかの東京上陸!さらにまさかまさか上映の機会をいただき、大変大変嬉しいです。『襟売ってよ』は、ちば映画祭に出会う前に作った映画です。どうしようもなく閉ざしているのにどうしようもなくとっておきの出口を探していた年頃に。 ちば映画祭との出会いは明らかに私に影響を及ぼしました。出会ってしまってよかったとずっとずっと思っています。あなたにもぜひ出会ってほしいです。お待ちしております!」■田崎恵美コメント「過去を抱えて日常を送ることに少し疲れたら、この映画を見てください。願った未来とは違う現在を懸命に生きるすべての人に、愛と初期衝動を込めて」■杉田協士コメント「ちば映画祭で作品を取り上げられた人たちは、どうして?と思ったことがあるかもしれません。どうしてこの作品を選んだんだろう。こんなに熱心なんだろう。愛情深いんだろう。うれしいし、たまに戸惑う。今回は情が溢れすぎて、開催場所が東京の御茶ノ水になってるけど、たぶん“総武線で1本だから千葉です”と言うんだと思います。『ひかりの歌』の公開後、見たいと伝えてくれる人の多かったデビュー作『ひとつの歌』が上映されます。私にとっても貴重で、やっばりうれしいです」また、ちば映画祭は2019年12月15日(日)、「映画とお?話とブレイクタイム vol.2 道本咲希監督『19 歳』『昔の恋人』上映会」を、千葉県内のカフェ、cafeSTANDで開催する予定。第40回びあフィル ムフェスティバル PFF アワードにて『19 歳』が審査員特別賞を受賞した道本監督の2作品を上映する。「新年一発!ちば映画祭 2020 in アテネ・フランセ文化センター ~監督特集・特集~」2020年1月18日(土)開催
Source: ぴあ映画生活ニュース

スポンサーリンク